<< ゲキミックス!秋チーム「お喋りの家」の思い出。 | main | 今年もありがとうございました。長野 >>
ゲキミックス!海チーム「私達の醜いワルツ」の思い出。
category: 海「私達の醜いワルツ」稽古場日誌
0



    --◇◆- 海チーム -◆◇--

    『私達の醜いワルツ』

    作・演出:長野恵美(劇団milquetoast+)

    出演:村越玲奈
       新名亜子
       酒井祐佳(グローバルエンタテイメントカレッジ)
       長野恵美(劇団milquetoast+)

    音響照明オペ:小浪優子

    先生が私に「消えろ」と言う。なので私は「あ、はい」と言う。
    私≪終了≫迄、あと何日??
    ―期待と退屈と「世界の享受」にまつわる、ファースト反逆・ニューゲームストーリー。





    【あらすじ】
    西暦2099年7月。
    前世の記憶があるうえに幽霊を見ることも出来るという特異体質により、小学3年生らしからぬ醒めきった性格をしていた絢世羽子は、ある些細な出来事をきっかけに、
    担任教師である森光翠から異常なまでに目をつけられてしまう。
    持ち前の人望と支配力を持ってクラスメイトを操り、羽子をクラスメイト全員でいじめるように仕向ける森光。
    それに憤る友人の柏原くるみと湯ノ口勝太。
    そんなある日、羽子の前に峰越亜貴生と名乗る自称・女子中学生の地縛霊が現れる。
    「お前、森光翠の事、嫌いだろ?でも、だからこそ、お前にお願いがある。」
    絢世羽子・人生初の大勝負が今、始まる―――。



















    海チームは、
    「THE★女優」
    みたいな感じのチームでございました(女子じゃなくて女優)
    飲み会の雰囲気は普通に女子会。
    でも稽古場はまさに「女優同士の真剣勝負」って感じでした。
    もともと他のチームよりも稽古日が少なく、そのうえでのキャスト降板。それによる大幅な脚本変更&演出家が役者として急遽参加。
    そしてこのチームだけ演出助手(長野以外の劇団員)がいない……等々。
    そんな他のどのチームよりもピンチに見舞われた海チームが大成功をおさめることが出来たのは、
    全てはこのメンバーだったから出来たことだと心底そう思っております。
    本当に本当に、ありがとうございました( ;∀;)


    脚本的には、
    案の定、今までで一番苦労した作品となりました。
    全4チームの中で唯一のシリアス枠にして唯一の劇団員が出演しない枠(当初の予定では)なのに
    「せっかく村越さんが主役なんだし、ばたふらいシリーズの続編みたいにしてしまおう!!」とか思い付いてしまったからさあ大変!!(自業自得)
    45分芝居という事で(結局50分になってしまったけど…)脚本には一部しか入れる事が出来ませんでしたが
    「峰越亜貴生解放作戦」に関しては、もう、これでもかっ!?てくらいに作り込みました。
    その他、翠と亜貴生の関係性や、ばたふらいシリーズの原口翼が絢世羽子に生まれ変わるまでの経緯やら何やらやらも。
    大変だったけど、とても楽しい作業でございました。


    闘う相手がいること・憎む相手がいること。は、
    実はとても素敵なことだと思っております。
    そりゃあ誰のことも嫌いにならずに生きていければ楽なのかもしれないけれど、
    そんなの、
    死んでしまった後からでも出来る事だから。

    どんなに世界がつまらないと感じても、
    どんなに生きることが面倒臭いと感じても、

    大切な誰かがいるならば、
    大切な気持ちがあるならば、

    ならばそのためだけに生きてみるというのもありだと思います。
    ならばそこから、初めてみるというのもありだと思います。

    人生は海のように広く、どうしようもなく果てしなく
    生きとし生ける全てのモノに繋がっているのだから・・・。

    たとえ貴方が世間から「悪」と称される醜い存在であったとしても、
    貴方は絶対に1人ぼっちじゃない。良くも悪くも。

    そんな想いから、この「私達の醜いワルツ」は誕生致しました。


    人生を蔑ろにしているうちに大切な親友をなくしてしまい、一念発起して森光翠と闘うことを決めたコナン系小学生・絢世羽子。

    正しい答えを探しているうちに自分が守っていたはずだったクラスメイトをなくしてしまい、心に深い傷を負ってしまった黒幕系女教師・森光翠。

    意中の男子が最後の最後まで守り抜こうとしていた絢世羽子と、そんな羽子への嫉妬やら心配やらで常に苦しみ泣きじゃくっていた、本物のぴゅあぴゅあ系女子・柏原くるみ。

    ただひたすら自身の「死」のみを願い続け、地縛霊(仮)になってから無駄に奔放になった、その全てにおいて矛盾してる系幽霊・峰越悪貴生。


    不器用で醜すぎる彼女たちの「ワルツ」が
    どうか、これからも彼女たちの誇りとして存在し続けますように…!!


    DSC_0032.jpg


    むらこちゃん、あこさん、ゆかちゃん、
    そして、
    急遽、音響照明オペレーションを引き受けてくださいましたこなみんさん…!!

    本当に本当に、ありがとうございました…!!
    今後とも、よろしくお願いいたします!!


    長野恵美(ちょーさん)


    ★★★★★★★★★★★★★★★

    劇団milquetoast+第1回劇団員企画公演
    『熱海殺人事件〜友よ、いま君は風に吹かれて〜』

    2015年1月11日(日)
    14:00〜/18:00〜
    ※2ステージ※

    新中野ワニズホール (丸ノ内線新中野駅3番出口から 徒歩7分) にて。

    詳細は、こちら(*≧∀≦*)

    【お知らせ】劇団milquetoast+第1回劇団員企画公演『熱海殺人事件〜友よ、いま君は風に吹かれて〜』

    新年最初の、熱い公演!!
    よろしくお願いいたします!!

    ★★★★★★★★★★★★★★★


    comments(0), trackbacks(0), -
    Comment.
    Add a comment.
    name:

    email:

    url:



    Trackback.
    url:
    New Entry.
    Category.
    Archives.
    Comment.

    Profile
    Calendar
    SMTWTFS
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    現在進行中の企画>>
    【次回劇団公演】2020年1月頃Webにて発表予定 【長野次回公演】新中野ワニズホール@ふたり芝居『長野恵美のまえむきネガティブvol.10』2019年11月8日(金)〜10日(日)@新中野ワニズホール 【劇団稽古場日誌】気がつくと更新してたりします!!
    Links
    Mobile
    qrcode
    Others
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    Search